Archive for 3月, 2013


24.03.2013

お金借りることと自己破産について

posted by pj

in 未分類
コメントは受け付けていません。

お金借りると返済をしなければならないのですが、返済がうまくできずに債務整理をしなければならない場合もあるでしょう。債務整理にもいくつかの種類があるのですが、その一つが自己破産です。自己破産は最終的な手段だといえるでしょう。利息の支払いだけでも困難な状況になった場合には、自己破産をする鹿のほうはないといえるでしょう。では、自己破産をすればどうなるのでしょうか。
まず、資産のほとんどは処分しなければなりません。住宅や車など、資産価値のあるものはすべて処分して返済をしなければなりません。生活に必要な最低限のもの以外はすべて処分しなければならないのです。
自己破産をすれば、その情報は官報などに掲載されますから、見ている人がいれば知られることになります。また、自己破産をすれば、しばらくは新たな借り入れができなくなります。クレジットカードも作れなくなりますから、不便な生活を送ることになるでしょう。このようなデメリットはありますから、自己破産をするときには専門家に相談をするべきでしょう。

24.03.2013

お金借りる金融機関の種類の変化

posted by pj

in 未分類
コメントは受け付けていません。

お金借りることのできる金融機関はいくつかあります。個人で借りるというと、以前は消費者金融しかありませんでしたが、最近では信販会社や日本銀行も個人への融資を積極的に行っています。銀行、信販会社、消費者金融というように分けて考える事が多いのですが、実際のところはこのように明確には分類できなくなってきています。というのも、消費者金融はかなり淘汰されてきているからです。
以前に、業界でナンバーワンの消費者金融が破綻したことがあります。消費者金融業界も厳しい状況だといえるでしょう。また、破綻しないまでも、銀行の子会社になった消費者金融もありますし、子会社どころか、完全に吸収されてサービス名しか残っていないものもあります。ですから、一般的に消費者金融と認められているものでも、実は銀行の一部であることも多いのです。このような事から、銀行、信販会社、消費者金融というように3つに分けて考えるのは、そろそろ無意味になってきているといえるでしょう。

08.03.2013

プロミスのリボ払いについて

posted by pj

in 未分類
コメントは受け付けていません。
プロミスの返済方法は、多くの消費者金融と同様に残高スライド方式のリボ払いですが、この残高スライドの仕方が少し異なっています。ブロミスの残高スライド方式のリボ払いは、正確に言えば残高スライド型元利定額の返済方法ですが、独特の計算をしています。変形型と云ってもいいかもしれません。プロミスは、どの期間で完済できるかを考えています。
借入残高が30万以下なら、3年で完済できるように考えて、借入残高の3.61%と設定しています。これが30万を超えて、100万未満であれば、5年で完済できるように、借入残高の2.53%が、毎月の返済額となります。ただこの返済額は、下限設定となっており、この額以上にする事も可能です。通常のリボ払いと比べて少し異なりますので、注意が必要です。あくまで完済するための期間を設定して、それで計算した返済額が最低の返済額になると云う設定です。返済額はそれ以上であっても当然問題なく、借入残高が減るので、その次の返済はもっと下がると云う事になります。